Top

momoとレオシュウの日々ブログ
by momoleoshu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
報告2つ

報告1つめ。まずは便秘のシュウのその後。 
昨夜ウンチ 出ました~!! 寝る前にプスプスプスというオナラと一緒に(*≧m≦*)
ワンコのオナラの音、初めて聞いたかも~。シュウはあまりオナラしないし、レオンはいつもスカシだし(;´y`)ツ)) 
これで一安心です。よかった~♪

散歩後の足拭き中。ウンチも出たし散歩も行ったしスッキリ満足気(^w^)
d0169647_16211045.jpg

レオンは昨日書いてた通り、今日は朝から歯石取りに行ってます。
途中の電話連絡もないので無事進んでいるのでしょう。後ほどお迎えに行く予定です。

そのレオン、今回の健康診断で、ある病気だと分かりました。これが報告2つ目。
病名は「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」という心臓病。
         僧帽弁閉鎖不全症とは?
健康診断の時に先生が心音を聞いたら雑音があり、念のためレントゲンを撮ったところ、
心臓が肥大していて上の病気の兆候も出ていたことで判明。
これからお薬を飲みながら定期的に検査をしていくことになりました。

この病気は決して軽い病気ではなく、進行性で治療したからといって完治する病気ではありません。
でもレオンの場合まだまだ初期の段階で特別な症状も出ていないし、投薬で病気の進行を遅らせながら、
病気と上手に付き合っていけばそれなりに長く生きることも可能らしいですので、どうぞご心配なくね^^
私たちも大丈夫。ひどく落ち込んだりショックを受けたりすることもなく冷静に受け止めています。
まだレオンが2才ぐらいの頃、別の病院で心臓が大きめと言われていたこともあり多少覚悟はあったし...。
逆に、具合悪くなってから分かるより、こうして早めに分かって幸いだったとも思っています。
後々病気が進行しいろんな症状が出てきたとしても、そのことはまたその時に考えます^^

今後日常生活で気をつけなければいけないことは
 ・興奮させすぎないこと。
 ・激しい運動をさせない。散歩はゆっくり無理のない距離で。
 ・気温、湿度の管理。暑さ寒さは特に注意。
 ・肥満厳禁、塩分過剰の食事をしない。
など。要するにストレスがなく、心臓に負担のかからない生活をさせよということです。
肥満と食事については今まで通りのフードで問題なしとのこと。
他もこれまで気をつけてきたことではあるので、レオンにとっても大きな制限はないかな。
もともとレオンはのんびりおっとりな性格でストレス回避得意タイプなので、その点は助かります。
これがシュウだとそうはいきませんから~(笑)
ただ、大好きな人に会うと(お隣の駿ちゃんたちとか甥っ子たちとか)異常に興奮するので
その際はちょっと気をつけなければ。あとはシュウとのバトルね(;^ω^A
散歩も、これまではシュウに合わせて早足で歩いてたけど、レオシュウ別々に散歩に行くとか、
それもちょっと考えようと思います。

以上、レオンの報告でした^^
・・・・と書いていたら病院から電話。無事に歯石取りも終わったそうです。
まだ麻酔がちゃんと覚めてないので、お迎えは18時半頃に行ってきます。
帰ってきたら真っ白な歯を写真に撮って、またアップしますね~(´ω`)ノ
[PR]
Top▲ | by momoleoshu | 2011-05-11 16:50 | health
<< 勘違い | ページトップ | 早く出ろ~(-人-) >>