Top

momoとレオシュウの日々ブログ
by momoleoshu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
"WD-Dog1" Skin by Animal Skin
大分 竹田 ②

今日は前回の続き。日がたちすぎて、あまりやる気が出ませんが
ここで終わるのもそれはそれですっきりしないので(^▽^;)

↓が前回最後に書いていた武家屋敷跡の様子です。

d0169647_1653952.jpgd0169647_1610543.jpgd0169647_1665812.jpg

ここも、昔の塀や門がそのまま残ってて風情がありました。土塀などかなり年季が入ってましたが
ちゃんと手入れもしてあるようで、塀の奥には今も人が住んでるようでした。(表札がありました)
ご先祖がお武家さんなのかなぁ~とか、この辺りをお侍さんが歩いてたのかなぁ
など想像しながらテクテク( ´艸`)

一番奥には、隠れキリシタンの礼拝堂もありました。(写真右)
d0169647_161319.jpgd0169647_15581424.jpg

お武家さんたちがすぐ近くに住んでるし、こういう暗い岩穴の中で
こっそり信仰してたのですね...。


この時点で、時刻は午後1時過ぎ。お腹ペコペコだったので来た道をまた戻り、お昼を食べることに。
でもお店がどこも開いてない~(;´Д`) 最初に観光案内所でもらったガイドマップには
お土産やさんやカフェや、食事できそうなところもいくつか書かれてあったのだけど
お休みなのか閉店したのか、これといったところが全然ない。
それにガイドマップそのものがなんだか見にくくて、場所がよく分からない。
そんなこんなでようやく1軒のからあげやさんを発見し、なんとかお昼にありつけました。

鶏もも丸ごとのからあげに、チキン南蛮。d0169647_16102634.jpgd0169647_16103950.jpg

小さくて古い普通の食堂なんだけど、情報誌でも紹介されていただけあって美味しかったです^^
クチコミで噂が広まってるようで、お客さんもひっきりなし。
先に歩いた街中には、こんなに人はいなかったんだけど?(;・∀・)?
県外ナンバーの車が駐車場に何台も停まっていたので、この店だけを目的にやってくる人もいるのかも。

しかしこの町。せっかく風情あるのに、ちょっとさびれた感があるのがもったいなかった。
ガイドマップに載っているお店も、さびれた街に埋もれてしまっていまいち分かりにくかったし
街中の商店街はまるでシャッター通り。せっかく昔からの建物がいくつも残ってるのだから
もっと城下町の雰囲気を生かせるように、街中の建物の雰囲気を揃えるとか
ちょっと手を加えればもっとたくさんの観光客が来るんじゃないかな~。などなど思いました。
食堂の人に聞いたら「若い人がいないから」と.....。しょうがないけどちょっと淋しい(τωヽ)


さて、美味しいから揚げを食べた後は、腹ごなしにお城跡へ行ってみました。





d0169647_1612441.jpg

ここではレオシュウもバギーを降りて歩き。
この入り口から一番上の天守閣跡まで、急勾配の坂道をかなり登ります。

紅葉がちょっとだけ色づいてました。
d0169647_16371582.jpg

入り口から一番上までは階段も多く距離もかなりあって、杖なしでは歩けないほど。
私は元気なシュウに引っ張られて、付いていくのが大変でした(笑)
でもがんばって登った甲斐あって、一番上からは綺麗な眺め。

d0169647_16171036.jpg
d0169647_16394890.jpg

もう少し時期が遅かったら、紅葉がもっと楽しめたことでしょう。

最後は頂上に鎮座ましまして迎えてくださった瀧廉太郎さん( ´艸`)
d0169647_16392658.jpg


以上、城下町竹田レポートでした^^
[PR]
Top▲ | by momoleoshu | 2010-11-05 16:21 | leisure
<< 幸せの瞬間 | ページトップ | 大分 竹田 ① >>